読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

韓国も日本もきっと変わらない

 韓国の大統領が決まった。どうあれ早く混乱が収集され国家として機能してくれれば、と思う。日本での韓国大統領のニュースには、候補者が親日的かどうかという視点がついて回るが、この頃はもうその必要性をあまり感じなくなっている。どうせ反日に決まっている。今親日でも、支持率が下がれば日本を踏みつけて支持率を稼ごうとするのだから、今現在新日でも半日でも大きな違いがあるだろうか、という印象のほうが強い。

 ともあれ今回の大統領は反日色が強く、先般の慰安婦問題をめぐる合意を見直すことを当初から公言していたそうだ。これについても、日本のニュースでは「国際上の約束を破るということは国家としてありえないため、公約、国民の意思との調整が必要で大統領は難しい舵取りを迫られます」といった話になりがちだが、そんなことはないだろうと思う。

 韓国民、またその意向を読んで反故にするとしている大統領にとって、日本との約束など「国際上の約束」には含まれていないだろう。これがアメリカや中国なら大問題になるが、日本については何をしたってかまわない、そういう認識を、これは日本も協力する形で長年実施してきた。それを急に「日本も国際法上の関係国ですよ」と言ってみたところで、素直に納得してくれるはずもない。

 では、一方的に合意を無効にしたとして、韓国は日本は当然として他の職から批判されたり、国としての立場を損なったりするだろうか。私はそれもないと思っている。韓国が「日本にだけ」あるいは「自分より立場が下の国にだけ」約束を公然と反故にするような国だということは、どの国もよく知っているだろう。日本がひどい目にあったからといって、自国まで同じようにされるわけではない、ということに見込みが持てるなら、国際上の立場などあまり気にする必要が無いのではないか。ただ日本が「韓国は約束を破る国だ」と喧伝して「それはお前が舐められてるだけだよ」と冷ややかに見られる、そんなところではないか。結局、今の状態が続くことがどの国にとっても一番いいのかもしれない。どの国にとっても不幸ではあるが。