読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レイシズムは良くないことだ。それは思う。人種という本人に起因しないことを条件に差別されたのではたまらない。それはいい。

 

言論の自由を掲げる人たちの多くが、レイシズムについて非寛容だ。反対するのは当然だ。あっている。が、レイシズムを肯定する言動を発する人に対して、圧力をかけて講演をとりやめさせるだとか、暴力や脅しを行うとか、どういうわけか言論の自由を掲げている割に、レイシズム軍国主義者に関しては人権はないものとして取り扱うことが彼らの中では当たり前のようではないか。

 

その矛盾を本人たちも当然理解しているものと思うが、と言ってこの矛盾を解きほぐすような理屈をネットで見かけることは今までの所ない。たいていは「このようなレイシストの言動を取り上げて新聞に乗せるなどけしからん」「社会に出してはいけない人間」といった、社会からの抹殺を推奨しておいて、疑問を提示する相手はブロックする、という形になっている。

 

私がわからないのは、自身こそが自分の主張に反しているはずの「言論への弾圧」「自分と違う主張をする人とのコミュニケーションの拒否」「特定の人間に対する人権の剥奪肯定」といった事をしながら、それについて特に問題とも思っていないらしいことだ。一体どうやって自己正当化しているのだろうか。

 

先に記した沖縄の人も、警官の土人発言にひどく傷つけられた、ショックだったと言う。私は「土人」が沖縄県民全体を指したものであるとはとても思えないが、当の本人がショックと思ってしまうと言われてしまえば仕方がない。仕方がないが、現場で過激な活動(というよりテロに近い)をしているような人間が沖縄県民の全体像とは思えませんが、という指摘には「一部過激な人もいるがこれが沖縄の総意だ」といったことをおっしゃり、結局本土は沖縄をなんだと思ってるんだという理屈になってしまう。

 

そういうあなたは、沖縄に少数だとしても存在している基地賛成派をどう考えているのか。基地の地元住民がむしろ活動家に検問まで勝手にされて迷惑していることも、「一部の過激な活動家の行い」だから仕方がないことだと考えるのか。沖縄における親本土派などは少数でありそのような言動は抹殺して良いというのか。少数の意見を聞けというのがあなたの主張ではなかったのか。といった自己矛盾を、一体どうして正当化出来ているのか。本当はこれを聞きたくて仕方がないのだが、「ショックだ」と言われてはもうどうにもならない。ショックでしたか。そうですか。

 

こういったことは、すでにちゃんとした正当化するための理屈があるのだろう、と個人的には思っている。そうでなければ、どうしてあんなに堂々と矛盾を抱えた主張ができるものか。しかし、私が調べないのが悪いのか、その理屈というものをまだ見たことがない。あれだけの数の人がいるのだから、バカな私でも分かるシンプルな理屈というものがあってしかるべきだ。それはなんなのだ。是非教えてくれないか。私だって自分の抱えている矛盾を正当化していって、後ろめたくない人生を送りたい。そのロジック、教えてくれ。